アートメイクの施術を受けた時に意識したダウンタイムのケア

眉毛やアイラインや口元など全体のアートメイクを受ける

眉毛やアイラインや口元など全体のアートメイクを受ける / アートメイクをした箇所の各々のダウンタイムを注意し過ごす / 施術を受けた箇所のアフターケアに注意しつつメイクも楽しむ

身だしなみとして毎日行うのはもちろん、趣味としてもメイクをする事を楽しみにしているのですが、メイクを施す事によって生じる変化が大きいからこそ生じる変化について気になる機会が増えてきたため、アートメイクを受けました。
アートメイクは今日において身近な身だしなみの一環になっていますし、施術をしている施設の数が増えていたり専門家の技術力や機器の機能性も向上してきているため、快適に全ての段階を終える事ができました。
メイク道具を用いて一時的にメイクを施す事例とは異なり、肌の中に対して直接的に施術をしていくからこそメイクをしていなかったりメイクオフをしても、しっかりとメイクをしている時の表情になれて満足しています。
そして、アートメイクの施術を依頼する段階では一部分のみならず日頃からメイクをしている箇所の全体をくまなく対象にしてもらう事にしたため、施術を受ける方が多い眉毛のみに限らずアイラインや口元、ヘアラインに至るまで依頼しました。
眉毛や髪の毛といったように体毛という点では共通しているものの、各々で毛質の特性や目的が異なる様子からそれぞれのダウンタイムを意識しましたし、アイラインや口元は尚一層各々の特性を意識しました。
眉毛においては最初の1週間特に意識して過ごし、意識して過ごしていた期間中はこれまでのメイクの時に使用していた眉用のマスカラと共に、アイブロウも使用しないようにしていました。