アートメイクの施術を受けた時に意識したダウンタイムのケア

施術を受けた箇所のアフターケアに注意しつつメイクも楽しむ

眉毛やアイラインや口元など全体のアートメイクを受ける / アートメイクをした箇所の各々のダウンタイムを注意し過ごす / 施術を受けた箇所のアフターケアに注意しつつメイクも楽しむ

アートメイクの施術を受けた後も嬉しかったのが引き続きメイクを施す事ができる様子であり、趣味としても楽しんでいたため施術を受けた様相をベースとしつつ他の表情に変化させる事も楽しんでいます。
施術を受けた後にメイクをする際に思慮しているのが施術部に触れるメイク道具の衛生面であり、きっちりとした施術を提供してくれていて長い目で見て安心感を覚える仕上がりになっていますが、担当者から説明を受けたように施術部に物が触れる場合は触れる物をきっちりと清潔にしています。

ユメノさーん!
ついに!と思ったんですが、私ケロイド体質でもしかしたら傷になってしまうかもしれないのでとりあえずパッチテストをしてからになりました💦
早く眉毛欲しいです😂
アートメイクのその後の調子はどうですか?

— 甘味_歯列矯正中 (@m_kys_) May 22, 2021
さらに、ダウンタイムの段階にある時の肌は施術によって変化した肌の状態を元に戻す力が働いている特性上、普段よりも多くの水分を必要としている様子が感じられたため、肌に水分を与える機会を多くしました。
水分を与える時には1度に多くの量を与えるのではなく、しっかりと吸収できる量を細やかな頻度に分けて与えるようにしていました。

アートメイク ダウンタイムこちら : アートメイクのダウンタイムは?