アートメイクの施術を受けた時に意識したダウンタイムのケア

アートメイクをした箇所の各々のダウンタイムを注意し過ごす

眉毛やアイラインや口元など全体のアートメイクを受ける / アートメイクをした箇所の各々のダウンタイムを注意し過ごす / 施術を受けた箇所のアフターケアに注意しつつメイクも楽しむ

アイラインについては、施術を担当してくれた方やカウンセリングを担当してくれた方などから予め施術を行ったくれた方からよく冷やすように説明を受けていたので、腫れが生じないように冷やす事を徹底しました。
また、各担当者の方々からは目元が腫れないようにするにはダウンタイムの期間中に頭の高さを低くし過ぎない事であると教えてもらっていたので、眠る時には意識的に上を見るようにしつつ頭部を下げないように気を配っていました。
口元のダウンタイムは1週間だったため、1週間は辛味が強い食べ物など刺激が強い物は口にしないように気を付けましたし、紫外線を浴びすぎないようにする点にも気を付けました。

自宅の中で過ごしていると楽な気持ちになるため紫外線に対するケアを忘れてしまいそうになるものの、庭に出る時はもとより窓際で過ごす時にも窓越しに紫外線を浴びないように徹底していた次第です。
ヘアラインに関しては施術後から生じたかさぶたが剥がれ落ちるまでに2週間の期間を要しましたが、シャンプーについては施術を受けてから2日後には行う事ができてすっきりとした気持ちで過ごせました。
そのように、2日後にはシャンプーができましたがアートメイクを施した所については念の為指で触れないようにしたり、シャワーを直接浴びないなどのケアもしました。